施設案内

植物園

大自然阿蘇の草原を彩る四季折々の山野草
3.3k㎡のスペースにバラ園やハーブ園、ジャーマンアイリス園など13のガーデンが配された植物園は阿蘇地区最大級の規模。阿蘇の爽やかな風に揺れる花たちをぜひごゆっくりご覧下さい。

お花を使った体験教室Gardening classroom

ベビーリーフ体験
参加費 500円/1鉢
葉物野菜などを種から育てる「ベビーリーフ体験」
鉢はお持ち帰り頂いて、約3週間後には収穫を楽しめます!

園内図Gardening classroom

1体験ハウス
季節の花苗を中心とした寄せ植えや季節の野菜チップ作りの体験が出来ます。
時期:通年
2ハーブ園
香辛料に使用される植物を総称してハーブといいます。食料、医療、室内装飾などに利用されます。当園にはタイムなどを中心に寒さに強い品種約20種類100株が植えられています。
花の見頃:2月上旬~11月下旬
3ロックガーデン(野草園)
ロックガーデンとは自然の景観を岩花石、樹木、山野草によって表現した庭園のことです。このガーデンは九州最初のものであり、阿蘇の自然と当ホテルのヨーロッパ風建築物と調和するように造られたモダン式庭園です。阿蘇山の溶岩石を利用した庭園に、阿蘇特産の山野草を含む550種が植えられています。
花の見頃:3月下旬~10月上旬
4ブルーベリー園
ブルーベリーはツツジ科スノキ属に分類されます。落葉する果樹で北アメリカが原産地です。当園ではブルーベリーの中では、暑さに強い品種を揃えて栽培しています。ブルーベリーの花は鈴のような小さな花がたくさんついてかわいらしく、観て楽しむことも出来ます。収穫期には販売もしておりますので是非ご賞味ください。
花の見頃:4月下旬~5月下旬
収穫時期:7月上旬~8月下旬
5茶花園
茶席では質素な中にも気品がある花々が使用され、当園には約300種を集めてあります。なお、山野草の多くはロックガーデンにも植えられていますのであわせてご鑑賞ください。
花の見頃:3月上旬~10月上旬
6バラ園
バラは北半球の全域に約280種の野生種があります。
バラの栽培は古く、フランスがバラの改良の中心となっています。当ホテルで販売されているポプリ(香料)は全て植物園のバラを手摘みしたものを使用してますのでそちらもご覧ください。
※ポプリは時期により品切れの場合もございます。
花の見頃:5月中旬~8月中旬
7牡丹園
キンポウゲ科シャクヤク属の中で、木であるものを牡丹、宿根草であるものを芍薬といいます。
中国では約1500年前から薬用、観賞用として栽培されています。当園にはアメリカ種、フランス種、中国種など約70株が植えられています。
花の見頃:5月中旬~5月下旬
8肥後六花園
肥後六花とは、江戸時代に肥後藩(熊本)の武士を中心に作られた【椿】【山茶花】【芍薬】【菖蒲】【朝顔】【菊】といった花々をいいます。長い間、門外不出の花として【幻の花】といわれ、独特の仕立て方を競っていました。
近年一般にも開放されて、世界中に知られるようになりました。この庭園は肥後菖蒲の保存育生に一生を捧げられている小出隆翁を記念として造られたものです。
花の見頃:椿2月~4月 芍薬4月~5月 菖蒲5月~7月 朝顔7月~8月 菊11月~12月 山茶花11月~2月
9野菜収穫体験ハウス
季節野菜の収穫体験が出来ます。
※体験予約、収穫時期はお問い合わせください。
10ジャーマンアイリス園
ジャーマンアイリスは欧米では古くから豪華に庭園を飾る花として、多くの人々に愛され続けてました。別名【虹の花】とも呼ばれています。
花の見頃:5月下旬~6月中旬
11ヘメロカリス
欧米で改良されたもので、花径24cmの巨大輪から5cmほどの小輪まで多くの品種があります。
1日しか咲かないのでデイリリーとも呼ばれます。欧米で改良されたもので、花径24cmの巨大輪から5cmほどの小輪まで多くの品種があります。1日しか咲かないのでデイリリーとも呼ばれます。
花の見頃:7月上旬~7月下旬
12椿園
亜熱帯から温帯の雨の多い地域に分布していて、特に中国に多くの種類があります。
日本には【江戸椿】【京椿】【雪椿】【肥後椿】などの種類があります。当園には和洋種約200種、200本が植えられています。
花の見頃:3月上旬~4月下旬
13石楠花園
ツツジ科ツツジ属の中で、葉の裏に毛があるものをツツジ、無いものを石楠花といいます。
主に高山地域に分布していて【高山の女王】と呼ばれています。当園には日本石楠花、西洋石楠花合わせて、約300種300本が植えられています。
花の見頃:4月下旬~6月中旬

開花・収穫時期は、目安です。気象状況や天候で大きく左右されますので、最新情報はお問い合わせくださいませ。

空室検索・ご予約